LINEで送る
Pocket

暗い話は好きではありませんが

2年前に四季を弾いた時は、まさにいろんな思いがあった時でした。

 

 

私のファンの皆様なら

記憶に残っておられるでしょうか。

 

2年前の2018年4月に

ヴィヴァルディの四季を弾いた時

その手前でひたすらに多重録音動画を投稿し続けていたことを。

 

【ヴィヴァルディ四季& テキトー関西弁風訳ソネットつき】

というタイトルを冠して、

演奏会を迎える約2ヶ月前から毎日1分間以内の動画、またそこにソネット(イタリア語の詩)を独自に関西弁に訳し、投稿をし続けました。

別に義務でもなんでもなく、私が全パートの勉強をしたいと言う気持ちから、初めはヴァイオリンだけを弾いていたのですが、欲が出て来てヴィオラパートも、さらには当時ほぼ弾けなかったチェロまで、パートナーより借り、3パート目から最後までソロ、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロパートまで全部弾き続けました。

毎回ヴァイオリンの練習よりチェロの練習へと必死になりながら、多重録音を続けると行った具合でした。笑

 

ただ、このシリーズを投稿し続けている間に悲しいことが起こりました。

 

それは、私の父の死。

春の嵐がひどくきた夜に、突然、去って行ってしまいました。

 

実はそれが起こったことがわかる動画のパートがあるのです。

 

それがこちら⬇︎

 

 

一個手前のパートと見比べると

この動画では、目元がとても腫れ上がっているのです。

この撮影は、2018年3月1日の夜23時ごろ。(youtubeは演奏会を終えてからまとめてアップしたので日付が異なります。リアルタイムの投稿はフェイスブックに行なっていました)

 

父を発見したその日の夜、ある意味平常心を保つために、あえて撮影を行ない、そして投稿をしていたものでした。

 

 

話が逸れてしまいますが、父が旅立った二日後に、セレーノ・チェンバーオーケストラによる映画音楽の依頼公演があり、その公演には私自身コンサートマスターとして出演するのが決まっていたため、迷いはしましたが、メンバーには事実を伏せて、参加をしていました。

 

 

演奏家として、様々な葛藤も持っていましたが、父も音楽家、向こうに送るのなら、やはり音楽だ、と思って、この時も全力で弾いていた記憶があります。

ただ、なんども、涙を堪えてはいました。

 

 

映画音楽の公演を終えてから、

 

また多重録音の動画を投稿再開し、実際に四季を弾いた4月13日、その数日前に、冬の最後のパートまで投稿仕切ることができました。

 

父が旅立ってから、1ヶ月と少し後に、

ヴィヴァルディの四季全曲ソロを人生で初めて、弾くに至ったのでした。

 

ですので、四季を弾く時、私の頭の中ではいろんな思いが流れたり、動きます。

 

「あー、ここヴィオラがおいしいところなんだよなぁ」

「ここはチェロのソロがかっこいいんだよなぁ」

「ピチカートが雨粒のように聞こえてきもちいなぁ」

「自分が生き物の鳴き声や、自然由来の音に変身してるみたい♪」

 

「お父さん、きいてくれてるかな」

 

今回の四季を演奏する際も、きっと私の中ではいろんな感情が動くことでしょう。

何より、私の母であり、バイオリニスト 清水玲子から受け継ぐ

そして彼女の師匠だったフェリックス・アーヨ氏から

受け継いで行っている「音楽」を、

私なりの解釈でたくさんの方にお届けしたいと願っております。

 

 

演奏会の収益は、「豊中のぞみの会」へ寄付されます。どうぞみなさま、お集まりいただきたい。

みなさまからのご参加を、強く強く、願っております!

ご連絡をお待ちいたしております。

 

「豊中のぞみ会」創業35周年記念チャリティーコンサート ヴィヴァルディ「四季」
公演日時:2020年2月23日(日)
     午後2時30分開演(2時開場)
入場料 :2,500円(自由席)
会場  :日本キリスト教団 豊中教会
お問い合わせ先 06-6843-6666
      または横山亜美へ直接ご連絡ください

 

 

LINEで送る
Pocket

“【お知らせ】2月23日、2年ぶりにヴィヴァルディ四季全曲ソロを弾きます” への3件のフィードバック

  1. 亜美さん、こんにちは
    2/23(日)のチャリティーコンサート、聴きに行きたいのですが、1名分まだお席残っていますか?

      1. 亜美さん、返信こちらにくださっていたのですね
        メールかメッセンジャーに返信あるのかな…来ないけど、問い合わせ届いていないのかな…と勝手に勘違いしてしまい、豊中のぞみ会に電話して1枚チケット送ってもらうことになりました
        申し訳ありません。
        では当日楽しみにしています♪
        森 映見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください